学区社会福祉協議会の活動

陶化学区社会福祉協議会

photo

<第4回夏まつりの様子>

photo

写真左=PTAのママさん達が大奮闘
写真右=体振の役員が汗をかきかき焼きそばを焼く

photo

写真左=雨のため、体育館でのくつろぎ風景
写真右=社協の役員がとうもろこし焼きに大奮闘

学区社協ブログ(最新記事)

学区の人口

photo

主な取り組み

<はざくら会 会食会(高齢者ふれあい交流事業、障害者地域交流事業)>

内容:民協、社協の委員、一般ボランティアにて構成、現在のメンバーは40代〜80代までの約40人3班にてローテーションを組み、献立、買い物。当日は午前8時から調理にかかり、フルーツが入った5品を皆さんに昼食でとってもらう。今年で30周年を迎えこれからも地域福祉の為に地道に長く続けたい。

対象:70歳以上独居老人、80歳以上高齢者、障害者
開催:毎月第3日曜日、年2回程配食、リエクレーション(11月)
会場:陶化老人デイサービスセンター(フロアー)

<敬老の集い(高齢者ふれあい交流事業 障害者地域交流事業)>

photo内容:小学校の体育館 ・10時開始にて挨拶並びに来賓紹介・お年寄りの交通マナー(南警察署・交通マナー〉・鼓隊(保育園 園児)・女性会おどり(陶華会)・小学校和太鼓 12時に昼食をみんなでとり1時よりみなさんが楽しみにしておられる輪投げ、パターゲーム等をして閉会とする。

対象:70歳以上のお年寄り〈各町内より参加者を集る)
開催:年に1回(10月に開催の予定)
会場:陶化小学校体育館

写真=食事も終りちょっと一息 長い列の順番をまちパターゲームに挑戦

<老人と子供のふれあい餅つき大会(高齢者ふれあい交流事業)>

photo内容:社協の町委員、各種関係団体を主にして前日に米洗い、餅つきの準備をする。当日はぜんざいを準備、早朝より餅をつく。小学生には餅つきの経験をしてもらい、お年寄りにも昔のお正月を思い出してもらいながらぜんざいを食べてもらって、お土産につきたてのお餅を持って帰ってもらう。

対象:70歳以上のお年寄り、小学生を対象
開催:年に1回12月初旬
会場:陶化小学校 校庭

写真=早朝より餅つきの準備におわれる社協の委員及び各種団体の役員

<障害者・高齢者のミニ運動会(障害者地域交流事業)>

photo内容:陶化老人デイサービスセンター協力会世話人(社協、民協、女性会、ボランティアクラブ)自治連合会後援。当日9時開始、室内で出来るゲーム(1風船送りゲーム 2輪投げ 3ボール送り 4豆移し 5パターゲーム 6風船バレーボール 7玉入れ)を用意し、各自自分の出来るゲームに参加してもらう。日頃の運動不足が解消出来て皆さんに楽しんでゲームに参加してもらっている。ゲーム終了後、会食と懇談に入りミニ運動会の話でいつまでも話がつきない。

対象:障害者・高齢者(80歳以上)
開催:年に1回3月の予定
会場:陶化老人デイサービスセンター

写真=障害者の方が玉入れに挑戦している場面です