南区社会福祉協議会の事業紹介

基本理念

 南区社協では、“ふれあい”“ささえあい”“学び合い”の住民主体の地域福祉活動の支援を通じて、誰もが安心して暮らせるまちづくりと地域社会の実現を目指します。

目 標

1.地域に“つながり”の輪を広げよう!

 ふれあう活動や見守る活動、支え合う活動を通して、当事者や家族同士、地域福祉活動の担い手住民との“つながり”を地域にひろげます。

2.地域の中で、“連携・協働”の関係(ネットワーク)を深めよう!

 地域の福祉活動や住民への生活支援の取り組みを充実させるため、住民組織と連携・協働しながら、行政機関、福祉施設、事業所、ボランティアグループ等とのネットワークを深めていきます。

3.地域福祉活動の担い手を多様につくりだそう!

 地域福祉活動の担い手として、行政機関、福祉施設、関係団体、ボランティアグループ、NPO法人、学校、企業等と連携・協働を積極的に進め、地域福祉活動の担い手を多様につくりだすことを目指します。

4.社会福祉の制度や当事者に対する正しい理解を広げよう!

 学習会や話し合いの活動、広報・啓発・研修活動等を通して、住民の暮らしを支える社会福祉の制度に対する理解と当事者・家族(暮らしの支援を必要とする住民とその家族)に対する正しい理解を地域にひろげます。

活 動

(項目クリックで詳細表示)

1.学区社会福祉協議会の活動

(1)学区社協活動の振興・強化

 社協の基本的な活動である「住民主体の地域福祉活動」をさらに推進し、自治連合会、民生児童委員会等関係団体と連携しながら、学区社協の組織の充実や活動の活性化を図っていきます。そのため、学区社協の関係者と話し合いや協議をすることを重視しながら活動を進めます。

(2)各種ふれあい事業の充実

 当事者・家族の孤立を防ぐため、小地域での“ふれあい、見守り、ささえあう”の活動を強化します。

写真
〈高齢者の会食会〉
写真
〈寝具クリーニングの取り組み〉

(3)学び合い活動の推進

 社会福祉の制度や施策、または認知症の方や障害のある方などへの正しい理解を深めるなどの学習活動に力を入れていきます。
 また、地域の担い手づくりのための研修活動を進めます。

2.高齢福祉分野の取り組み

(1)「地域ケア会議」の推進

 認知症高齢者やひとり暮らし高齢者等が増加する中、高齢者の生活を地域で支えるネットワークづくりを進めるため、地域包括支援センターが主催する「地域ケア会議」開催に協力し、全学区での開催を目指します。

写真
〈健康すこやか学級〉

(2)介護予防活動(健康すこやか学級事業)の推進

 高齢者の閉じこもり防止や仲間づくり、ふれあいと交流を進めるために、京都市からの委託事業として実施している介護予防活動「健康すこやか学級」の全学区展開と事業の目的に沿って内容の充実を目指します。

(3)「認知症あんしんサポーター養成講座」の推進

 認知症についての理解と見守りの輪をひろげていくために、「認知症あんしんサポーター養成講座」の実施を推進します。

3.障害福祉分野の取り組み

(1)「南区こころの健康を考える会」への参画と活動の充実

 南区基本計画の推進部会である「南区こころの健康を考える会」に参画をして、誰もが安心して暮らし続けられるための活動を積極的に進めます。

(2)精神保健福祉分野での「地域啓発活動」の実施

 「南区こころの健康を考える会」の取り組みの一環として、精神保健福祉の関係諸機関と連携・協働しながら、精神障害への“偏見”や“差別”を無くしていくための啓発活動として、学区レベルでの学習会や研修会の開催を促進します。

(3)障害者団体・福祉施設との連携・強化

 障害のある方々の地域生活を支援していくとともに、防災の取り組みを進めていくために、障害者団体、福祉施設、相談機関、事業者との連携・強化を進めます。

(4)ふれあいサロン“みなみ”との連携・強化

 同じ建物の中にある、ふれあいサロン“みなみ”と連携し、こころにしんどさを抱える方にとっての居場所づくり、そして暮らしやすい地域を作れるよう、各種取り組みを進めます。

4.児童福祉・子育て支援分野の取り組み

(1)「南区子ども問題連絡会」への参画と活動の充実

 南区基本計画の推進部会であり、区内の子育て支援関係者のネットワーク組織である「南区子ども問題連絡会」の活動を発展させるとともに、日常的な情報交換ができる場として、ネットワーク機能を強化していく取り組みを進めます。

(2)子育て支援ルーム“すくすくみなみ”の運営の充実

写真

 南区子ども問題連絡会・南区役所、子育てサポートMa.Moon(マ・ムーン)との連携・協働により運営している「子育て支援ルーム“すくすくみなみ”」について、利用者のニーズにあった形で充実するよう取り組みを進めます。

(3)子育てに関する情報の収集と発信

 情報紙「子育てマップ」や「子育てマップホームページ版」による子育て情報の発信機能を強化していく取り組みを進めます。

5.ボランティアセンター事業

(1)ボランティアセンターの機能強化

 ボランティア活動の裾野を広げ、担い手づくりを進めるためにボランティア情報の発信や活動の支援を促進します。

(2)地域における災害時要配慮者支援活動の推進

 災害時における要配慮者支援を効果的に行うために、平常時における地域の関係団体、行政機関、福祉施設などとの連携・協働の関係づくりとボランティア活動の推進に取り組みます。  その中で、研修会の開催や啓発の取り組みを促進します。

(3)区災害ボランティアセンターの環境整備に向けた取り組み

 災害時に開設される「南区災害ボランティアセンター」が効果的に活動できるよう環境整備を進めます。そのため、区役所との緊密な連携のもと、マニュアルづくりに取り組みます。

6.地域福祉のネットワーク活動

(1)「南区基本計画」推進のためのネットワーク組織への参画

 南区基本計画の推進部会である「南区地域福祉推進会議(南区地域福祉推進委員会)」、「南区こころの健康を考える会」、「南区子ども問題連絡会」などの保健・福祉・医療のネットワークづくりを促進します。
 また、新たな課題である防災対策のためのネットワークづくりも推進します。

(2)地域の福祉活動を行う多様な団体や事業者との連携・協働

 地域における福祉活動が多様になっている中で、新たな福祉活動を創造していくために、活動の場面や状況に応じて新しい社会資源の活用を進めるとともに、様々な団体やボランティアグループ、NPO法人、事業者との新たなつながりづくりを促進します。

7.福祉総合相談の取り組み

(1)相談機能の強化

 身近な地域で支援を必要とする人の困りごとやニーズをキャッチし、改善・解決に向けて、保健・医療・福祉等の関係機関や各種住民組織との連携を進めます。

(2)地域福祉権利擁護事業(日常生活自立支援事業)の推進

 福祉事務所や地域包括支援センター、居宅介護支援事業所、障害者地域生活支援センター等の関係機関との連携を維持・発展させながら、判断能力に不安のある方への支援を推進します。